歯のことを大事にするなら武蔵野市のインプラントがおすすめ

インプラント

インプラント経験者の傾向

歯医者

インプラント治療についてはその治療方法や必要な予算など、多くの人にとってわからないことだらけです。どのような人がインプラント治療を経験しているのかについても、わからないのではないでしょうか?少し古い統計になりますが、厚生労働省が主体となって平成20年に集計したデータがあります。3300人あまりにヒアリングをして、そのうち1%(34人)が経験ありと回答した統計資料です。(年齢層は35歳以上。男性1300人と女性2000人に対して行われた調査です)
それによると、もっとも多くのインプラント経験者を有するのは55歳から74歳までの層で、全体の治療経験者34名中25名(70%)が該当しました。35歳から55歳の間であると、わずかに6名(18%未満)にすぎません。少し視点を変えて男女比に着目すると、治療経験者は男性10名(30%)に対して女性24名(70%)でした。
このように見ると、単純な類推として「55歳以上の女性がインプラントの経験者の半数を占める」といえるのかもしれません。一方、「35歳から55歳のいわゆる現役世代の男性は、インプラント経験者の6%に満たない」ともいえそうです。ヒアリングの母体が多くはないので、単純な経験者数の多寡を語るのは適切ではありません。ですが、経験者の割合から上記のような傾向を考えることができそうです。

PICK UP

TOP