歯のことを大事にするなら武蔵野市のインプラントがおすすめ

インプラント

インプラントと医療費控除について

治療室

インプラントは基本的に自由診療になることから、保険適用外になります。そのため、武蔵野市でインプラントで使われる素材や治療法が元々高価なこともあわせて、1本30万円程度という高額な費用負担が必要です。平成24年4月に一部のインプラント治療に保険が適用されるようになりましたが、保険適用を受けるには先天的もしくは事故などの外傷により顎の骨が大きく欠損などをした場合のみという厳しい条件があります。
武蔵野市でインプラント治療を既に行っている人の中でも、保険適用の対象になる人は数少ない厳しい条件ですので保険適用を受けることは難しいでしょう。この高額な自己負担額を少しでも軽減する方法として、医療費控除の申告を行うという方法があります。医療費控除とは、納税者やその家族が病院で治療を受け、年間10万円以上の医療費がかかった場合、納めた税金が一部戻ってくるという制度です。医療費控除の対象は、インプラントの手術費はもちろん、CTなどの検査料や通院の交通費も対象となってくるので、武蔵野市でインプラント治療をする際は、きちんと領収書をもらうようにしましょう。
なお、医療費控除の申告は税務署で行い、時期は確定申告と同様に翌年の2月中旬から3月中旬が原則ですが医療費控除のような還付申告のみの場合は1月から受付してくれます。

PICK UP

TOP